銀歯を白くしたい

白い歯で見た目も機能も向上

銀歯がお口の中に入っていますと、口を開けると銀歯が見えてしまい気になる方が多いかと思います。人工の歯は銀歯以外のものに変えることができます。

銀歯のその他のデメリットは、外れやすい、金属アレルギーの心配がある、二次虫歯になりやすいなどがあります。

○詳細は「詰めもの、被せものが外れた」をご覧ください。

○詳細は「金属アレルギーについて」をご覧ください。

銀歯は、長持ち治療の提案を考えると最善の選択とはいえないかもしれません。口の中に入れる人工の歯の中で、長持ち治療や見た目を第一に考えるのであればセラミックが最善の選択でしょう。

※セラミック治療についてはこちらになります。→審美精密補綴について

銀歯をセラミックに変えた症例

審美精密補綴1
銀歯が入っています。錆びて黒ずんでいます。これをセラミックに変えます。

 

審美精密補綴2
全て、オールセラミックに変えました。非常に透明感があり、明るくみえます。
また、二次虫歯の再発も軽減できます。

 

銀歯とセラミックの違い。

材質の違い

銀歯とセラミックの材質的な違い。
ca04-04
このように銀歯は時間がたつと錆びてしまいます。

 

ilnido03

セラミックは錆びなく、透明感のある色調を半永久的維持します。

 
精密性の違い

精密性がいいと長持ちし、二次虫歯(二次カリエス)になりずらいといえます。
HP プレゼン3

「審美歯科」イルニード歯科メニュー一覧
○歯を白くしたい→歯をきれいにしたい
○審美歯科(セラミック治療)→セラミック治療について
○ホワイトニング→ホワイトニングについて
○歯肉をピンク色にしたい→ガムピーリングについて

新着情報