親知らずが痛い

親知らずが痛くなる原因

親知らずが痛い、親知らず周囲の歯茎が腫れているなどは、よくある症状です。
少しでも違和感があるようであれば、早めに来院されることをおすすめします。

画像

※親知らずの痛みといっても原因は様々です。

1親知らず周囲の歯ぐきが炎症を起こしている

歯痛

親知らずはかなり奥に位置していますので、よっぽど意識して磨かなければ歯垢が溜まりやすく、非常に歯ぐきが炎症を起こしやすい状態になっています。歯ぐきから完全に露出していない親知らずの場合はなおさらです。炎症がひどくなると大きく腫れて、口を動かすだけで痛くなり、口が開かなくなります。時には、生命を脅かすことさえもあります。

2親知らず、または手前の歯が虫歯になっている

親知らずは歯垢が溜まりやすい為に虫歯になりやすいです。また、手前の歯に虫歯を作ってしまうこともよくあります。その虫歯により神経が炎症を起こすと痛みを強く出してきます。

3親知らずと手前の歯の間の歯ぐきに食べ物がグッとつまってしまった

完全に生え切っていない親知らずと手前の歯との間に起こりやすい現象です。

4親知らずが手前の歯を強く押している

親知らずが斜めに埋まっていたり、水平方向に倒れている場合に見られます。このような歯は手前方向に歯を強く押すことがあります。そうすると痛みを出してきます。

5親知らずが対合の歯ぐきや頬の粘膜を噛んでいる

親知らずの噛み合う相手がいない場合に延びてきた歯は、対合の歯ぐきを噛むようになります。また、親知らずの位置や向きがずれている場合などでは頬の粘膜に食い込むようにになることがあります。これらのような刺激によって歯ぐきや頬の粘膜に口内炎を作ることも少なくありません。

初めてお越しのかたはこちら

新着情報