痛みの少ない治療

なるべく痛くないような治療を心がけます

Zahnweh

歯医者の治療で一番痛いの麻酔の針を刺すときです。イルニード歯科では痛みがなるべく少なくできるような取り組みをしています。

1.最初に表面麻酔を塗る

この麻酔注射をする時の痛みです。この麻酔注射を刺すときの「チクッ」とした痛みを少なくするために、表面麻酔というジェルタイプの塗り薬を針を刺す歯肉の上に塗布いたします。数分そのままの状態にすると歯肉の表面が麻痺してきますので、麻酔の針を刺しても表あまり痛みを感じません。

塗るタイプの麻酔薬なので、当然痛みはありません。身体にも安全ですので、ご安心下さい。

160502_01

ジンジカインジェルとキシロカインスプレー

2.麻酔液を人肌に温めます

麻酔液を体温と同じ温度にする機械を使います。体内に麻酔液が入る時温度が冷たいと痛みを感じやすくなります。それを避けるために温める機械を使用しております。

160502_02

カートリッジウォーマー

3.極細の針を使います

細い針だと身体に刺しても、少しチクッとするだけで、ほとんど痛みを感じることがありません。

160502_03

31Gから33Gの極細の針

4.電動注射器の使用

麻酔液の注入圧や速度も重要です。いっぺんに麻酔液がはいると痛みを感じやすいため、ちょうどよい麻酔液の注入圧と速度が要求されます。どうしても、人間が痛みを感じずらい注入圧と速度を人の手で常にコントロールすることは難しいといえます。しかしイルニード歯科では、一定の圧と速度で麻酔液が注入できる電動注射器を使用しています。ですので、常にコントロールされた注入圧と速度を維持していますので、痛みがでずらいといえます。

160502_04

オーラスター

5.麻酔液を入れる匠の技

Fotolia_37300749_S

麻酔を入れる時間、刺す深さ、針先の動かし方、場所等は痛みが少ない場所があり、長年の経験と解剖学的に研究し、痛くない順番や場所を目掛けてゆっくり行っております。些細なことも最善を尽くした手技で除痛を試みます。
また、イルニード歯科の院長は、歯科医師免許習得後、6年間にわたり、人体解剖学講座に在籍し顔面の解剖学について勉強してきました。
痛みのでずらい、麻酔の方法は、人体解剖にのっとった方法を採用しております。

※院長の経歴はこちらになります。

6.安心感を持ってもらう

D4S_5349

麻酔に対して怖いイメージや、不安感はあると思います。症状で効きやすい効きにくいということがあったり、部位によっても感じ方が変わることがありますが、麻酔をする前に不安な点をヒヤリングさせてもらい疑問点や不安を解消してから、麻酔をすることにしております。

不安があると痛みを感じやすいといわれております。ですので、麻酔をする際にも、なるべく怖くなく、リラックス出来るような声かけを行っています。最初に歯科麻酔経験をしっかりヒヤリングし、心理的な不安をなくすように最大限配慮します。また、なるべくリラックで着るような空間を作るようにします。どうしても、麻酔が怖くて気がすすまない場合は、スタッフや担当ドクターにお気軽にお話ください。

※それでも怖い方は、静脈内鎮静法をお勧めします。無痛治療に近い状態で歯科治療が行えます。

その他のワンランク上の取り組みの詳細はこちら

初めてお越しのかたはこちら

新着情報