妊娠中・授乳中の歯科治療

妊娠中の歯科治療について

妊婦

原則的に妊娠中に一般的な歯科治療を行なってはいけないという時期はありません。治療は妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。

妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみ、行いましょう。妊娠初期2~3ヶ月間は非常に流産しやすいので過度に緊張や、或いは長時間にわたる治療はなるべくさける様にした方が良いと思います。そういう場合はいったん応急処置にとどめておいて、後日妊娠4~7ヶ月の安定期に治療を行なう事をお勧めします。
虫歯であれ、歯肉炎であれむしろ必要があれば安定期に積極的に治療することをお勧めします。できれば分娩までに治療を済ませておくことをお勧めします。

出産後は育児におわれたり、あるいは子供の面倒をみてくれる方がいないなどといった理由から放置し症状を悪化させてしまったり、歯の治療に関して慎重になり、受診されるのが遅れがちになる方があります。
妊娠初期に歯の健康診断を受けられることをお勧めします。また、妊娠中の歯の治療には必ず母子健康手帳を持参しましょう。妊娠中の歯の状態のページをチェックしてもらえますし、歯科医院側もあなたの妊娠中の健康状態がよくわかります。また、妊娠初期は飲み薬に十分な注意をしてください。

授乳中の歯科治療の注意事項

?????????????

注意すべき項目は、抗生物質の服用と痛み止めの服用になります。
薬が母乳に出てしまう恐れがありますので、注意が必要です。

特に、親知らずが痛い、虫歯等は、投薬をする可能性がある処置ですので、担当医と相談し、慎重に行う必要があります。
また、レントゲンと麻酔液は母乳にはほとんど影響しないといわれております。

歯医者さんの局所麻酔液も歯の周囲に限局的なものですので、母体、母乳にはほとんど影響しないといわれております。

※妊婦さんごとに、体の反応が異なるため、一度かかりつけの産婦人科で相談することをお勧めします。

※関連ページ小児歯科についてはこちら

イルニード歯科に初めてお越しのかたはこちら

新着情報