金属アレルギー治療

金属アレルギー相談

金属アレルギーの心配がある方はご相談ください。

ca04-04歯科用金属のアレルギーの場合には慢性的な症状が続いたり、明確な症状が出ないために金属の体内蓄積が進んで状態が悪化する危険性があります。
金合金(ゴールド)はアレルギーを起こす心配は少ないですが、アマルガム(水銀)や保険の銀歯(ニッケル、コバルト、パラジウム)は、金を主体とする金合金の含有量が少なくアレルギーをおこしやすいといわれてます。
また、重度の歯周病や口内炎などでお口の中の炎症状態が慢性的に続いているような環境などでは特に、アマルガム、銀歯や金属がイオン化しやすいという報告もあります。

症状

img_0970

舌、口唇、歯ぐきなどが赤くなったり、ただれたりします。また、痛みや痒みを伴うこともあります。
また全身的に症状がでることもあります。手足のかぶれ・シミ、シワ、肌荒れ、老化・痛み(ガルバニ電流)肩こり・ひざの痛み・頭痛・神経症状(水銀毒、重金属毒)・憂鬱・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調・物忘れ・アトピー様症状・発癌等が挙げられます。
慢性化していると金属が原因なのか、歯が悪いのか、歯周病なのか判断するのが難しいこともあります。

治療の流れ

  1. 問診・診査・診断
    お口の中の検査、レントゲン写真などで問題点をさがします。
  2. 金属アレルギーテスト
    金属アレルギーが疑わしい場合は金属アレルギーのテストが受けられる、皮膚科をご紹介します。金属アレルギーのテストを受けていただき、歯科の金属がアレルギーの原因になっているか確認します。もしなっているようであれば、治療を行います。
  3. 治療(問題箇所の改善)
    問題を起こしている金属があれば、その金属を除去し、安全な材質なものに変えます。プラスチックかセラミックに置き換えます。
    ※セラミック治療についてはこちらになります。→審美精密補綴について

  4. 経過観察
    症状の変化を観察します。

保険証をお持ちいただいて来院ください。まずじっくりお話を聞かせてください。急に治療を行ったりはしませんのでご安心ください。

イルニード歯科では、さまざまな病気を引き起こす、歯科金属アレルギーの対策として、しっかりと診断できる、金属パッチテスト(金属アレルギーテスト)を行なえる病院を紹介しております。診断がついた場合は、当医院で適切な治療を御提案しております。歯科金属アレルギーを放置すると重篤な症状がでたり、急に症状にでたりするといわれております。お口の中以外にも症状がでることが多い病気です、少しでも不安な点がありましたら、お気軽に御相談ください。

イルニード歯科に初めてお越しのかたはこちら

新着情報