費用、支払方法について

インプラント費用の決め方

インプラント

インプラントの費用は、
①フィクスチャー体埋入手術
②インプラント二次手術(+アバットメント連結)
③上部構造(人工歯)
④その他のインプラント付随処置

①~④の合計からなっております。

 

詳細の内訳は以下に記載します。

① フィクスチャー体埋入手術費用

img0620万円(税別)/1本

※手術準備費用、手術費用、投薬代も含まれます。

② インプラント二次手術+アバットメント連結費用

○5万円〜13万円(税別)/1本
※1回法(インプラント二次手術なし)の場合は5万円。

チタン製のアバットメント
あばっトメント
チタン製で丈夫で、金属アレルギーの心配もありません。奥歯にむいています。

ノーマルチタンアバットメント連結(二次オペ費用含む)7万円
カスタムチタンアバットメント連結(二次オペ費用含む)10万円

※カスタムとは、アバットメントをその症例にあわせて最適な形にオーダーメイドで作成しています。ノーマルは既製のチタンアバットメントから作成してます。

 

ジルコニア製のアバットメント
_DSC4189
ジルコニア製で丈夫です。金属アレルギーの心配もありません。審美的によく、特にオールセラミッククラウンを被せると非常に透明感のある人工の歯になります。前歯は特におすすめです。(ジルコニアはセラミックの一種です)

ノーマルジルコニアアバットメント連結(二次オペ費用含む)10万円
カスタムジルコニアアバットメント連結(二次オペ費用含む)13万円

※カスタムとは、アバットメントをその症例にあわせて最適な形にオーダーメイドで作成しています。ノーマルは既製のチタンアバットメントから作成してます。

③ 上部構造(人工歯)

○5万~13万円(税別)/1本

※人工歯の種類によってかわります。審美性、耐久性によって変わります。

※上部構造の詳細の費用はこちら(セラミッククラウン料金表)になります。

※1本あたりのインプラント治療の費用(①+②+③)は30万円~46万円(税別)になります。平均35万円~43万円を選ばれる方がおおいかと思います。

※奥歯は35万円/本、小臼歯40万円/本、前歯43万円/本を選ばれる方が多いですが、患者さんのご希望にあわせて費用はきめていきます。費用の違いは見た目の良さが変わってくると考えていただけいただければと思います。

※30万円の1回法のインプラント治療は奥歯限定で、骨量が十分な場合のに対応できます。

④ その他のインプラントの付随処置

インプラント付随処置リスト
※④の追加費用はインプラント精密検査後(税別3万円)に判断します。

※骨が不足しているケースでは骨造成が必要になります。

インプラント価格表

 

※静脈内鎮静法を選ばれる患者さんが多いです。
※骨造成、サイナスリフト、ソケットリフト等の処置はCT撮影し診断後必要か判断いたします。
※④の費用は0円の場合もあります。

インプラントの費用例

◎例えば骨の状態が良い場合

奥歯1本インプラントしたい、被せ物は白くしたいけどなるべく費用は抑えたい。
①フィクスチャー体埋入手術+②二次手術(アバットメント連結)+③上部構造
(①20万円+②7万円+③8万円) 35万円(税別)

前歯一本を天然の歯と同じくらい最高にきれいにしたい。費用はそこまで気にしない。
①フィクスチャー体埋入手術+②二次手術(アバットメント連結)+③上部構造
(①20万円+②13万円+③13万円) 46万円(税別)

◎骨量が不足した場合

上奥歯1本インプラントしたい、被せ物は白くしたいけどなるべく費用は抑えたい。診断で骨量が不足と診断、骨を増やす処置が追加で必要な場合。

①フィクスチャー体埋入手術+②二次手術(アバットメント連結)+③上部構造
+④骨造成(①20万円+②7万円+③8万円+④10万円) 45万円(税別) 
になります。

インプラント費用の考慮点

  • 欠損している歯の本数=インプラントの本数ではありません。

  • 歯が3本連続で欠損しているので、インプラント3本埋入しなくてはいけないとは限りません。
    インプラントは2本で十分の場合もあります。
    多数歯を失っている場合、インプラントは失っている歯の本数より少なくすむことがほとんどです。
    一度来院していただき、必要な本数等は診断させたいただき、ご説明させてもらいます。

    お支払いについて

    お支払い方法

    コンサルティング時に詳しくお話します。

    • 一括支払い。(現金、銀行振り込み)
    • インプラント治療開始時から最終被せ物が入る前までの全2回払い。(現金、銀行振り込み)
    • クレジットカードによる分割払い。
    • アプラスデンタルローン。(2回~84回まで分割可能)

    ※アプラスデンタルローンとは
    デンタルローンとは、歯科治療費をアプラス(ローン会社)がお客さまに代わって歯科医院に立替払いするローン契約です。
    20歳以上の安定した収入のある方であれば、どなたでも簡単にローンを組むことが可能です。
    詳細は以下のアイコンをクリックください。

    【医療 費控除のご案内】

    インプラントやかぶせ物などの歯科治療は全て医療費控除の対象となっています。
    これは、その年におこなわれた医療費に対して年200万円までなら、翌年申告することで医療費の一部が還付される制度のことです。
    詳しくは国税庁タックスアンサーのページをご覧ください。

    関連ページ:国税庁タックスアンサー

新着情報