虫歯について

虫歯とは?

むし歯とは、むし歯菌が糖(食べ物のカス)を餌にして「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。近年では、しっかりとした予防プログラムを受ければ、高確率で防げる病気だと言われています。

虫歯イラスト日本人が歯が抜ける原因の第二位がむし歯です。 (※財団法人8020推進財団:永久歯の抜歯原因調査報告書;2005.3)むし歯は初期段階では、症状(痛いなど)が小さいため気付かない場合も多いですが、初期段階で発見できれば、回数も少なく、最小の治療で済みます。 一見問題なさそうでも、定期的に歯医者さんでむし歯のチェックはしたほうがいいでしょう。万が一症状が出てきた場合は要注意です。すぐに歯医者さんに行きましょう。

虫歯の典型的な症状は?

  • 何もしなくても痛い
  • 噛むと痛い
  • あったたかいものにしみる
  • 冷たいものにしみる
  • 甘いものをたべるとしみる
  • 物が挟まる
  • 臭いがする
  • 歯に穴があいている気がする
  • 歯の溝が黒くなっている
  • 画像
  • 画像

ひとつでもあてあはまるようであれば、
虫歯の可能性があります。歯医者さんで虫歯のチェックを受けましょう。

イルニード歯科に初めてお越しのかたはこちら

要注意!こんな方は、虫歯になりやすい。

銀歯を口の中に入れている方。

ca04-04ムシ歯を発見し、歯を削り、銀歯を詰めたり、被せて治療終了後、時間がたつと、銀歯と歯のすき間から徐々にムシ歯菌が侵入し、ムシ歯が再発する可能性があります。この現象は、残念ながら歯ブラシでは完全には防げません。
特に神経をとった歯に銀歯を被せている方は要注意です。神経がないので「痛い」という症状が神経がないのででませんので症状なく虫歯が進行してしまう可能性があります。
銀歯の縁から二次虫歯になっている症例についてはこちら

対策
○銀歯でなく精度の高い補綴物(人工の歯)にかえる。
→銀歯より長持ちする、審美精密補綴(セラミック治療)についてはこちら。

歯並びが悪い方。

0467001014歯並びが悪い場所は、歯ブラシが届かないためムシ歯になりやすいといえます
特に歯と歯の間が重なってしまっているので、そこが虫歯になります。

対策
○定期的な歯医者さんのチェックを受ける。
予防歯科についてはこちら
○歯並びを治す(歯科矯正)
成人(大人)の歯科矯正についてはこちら
※子どもの患者さんは予防矯正がおすすめです
MRCトレーナーシステム(小児予防矯正)

親知らずが生えてきている方。

ca04-02親知らずは、奥に生えているので歯ブラシが届きにくいのでムシ歯になりやすいです。

対策
○親知らずを抜く
当医院では、たいていの親知らずの抜歯は行うことが可能です。
大学病院までいく必要はありません。

普段歯ブラシはするが、糸ようじやフロスなど、歯と歯の間のお掃除をしていないかた。

03_13hamigaki01歯の間のお掃除をしていないかた。
歯と歯の間が虫歯になっている可能性があります。症状が初期の段階ではでません。
大概は、インレー(詰め物)にしないといけません。
歯と歯の間が虫歯になっている症例についてはこちら。
対策
○歯間ブラシ、フロスを使用する。
○定期健診を受ける。
予防歯科についてはこちら

歯ぎしりをしている人

歯ぎしり、食いしばりをしている人は、知らないうちに、歯を傷つけそこから虫歯菌が繁殖し、虫歯になってしまいます。
自覚がないことが多いため注意が必要です。
対策
歯ぎしり用のマースピースを作成する。
歯ぎしりについてはこちら。

イルニード歯科に初めてお越しのかたはこちら

新着情報