虫歯の大きさと治療法

虫歯の大きさと治療法

虫歯の分類と治療法

虫歯の進行状況によって、C0~C4の5段階に分けられます。
それぞれの特徴と治療方法以下のとおりです。

分類 特徴 治療方法
C0

初期虫歯
まだ歯に穴はあいていません。

フッ素とキシリトールを利用し、歯を再石灰化させる。
(医師による治療はありません)

C1

歯のエナメル質にだけ穴があいたもの。
痛みはほとんどありません。

放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要。
削る部分は最小限。
治療回数の目安は2回/1ヶ所

C2

エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。
まだ神経に達していないので強い痛みはないが冷たいもの、甘いものなどがしみ始めます。

削って型取りをし、出来上がってきたものをとめる治療。
麻酔が必要です!!
治療回数の目安は3回/1ヶ所
※インレー(詰め物)にしないといけません。

C3

虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。
歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることも。
いずれも、激痛を伴うことが多くなります。

麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を取り除きます。
治療回数の目安は7回/1ヶ所
※クラウン(被せ物)にしないといけません。

C4

神経が死んでしまった状態。痛みは軽減しますが、虫歯菌が血管を通り心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。
歯周炎という状態になると再び激痛にかわる場合もあります。

多くの場合抜歯することになります。


C0

初期虫歯
まだ歯に穴はあいていません。



フッ素とキシリトールを利用し、歯を再石灰化させる。
(医師による治療はありません)


C1

歯のエナメル質にだけ穴があいたもの。
痛みはほとんどありません。



放置すると進行してしまうので、削って詰める治療が必要。
削る部分は最小限。
治療回数の目安は2回/1ヶ所


C2

エナメル質の下にある象牙質に達した虫歯。
まだ神経に達していないので強い痛みはないが冷たいもの、甘いものなどがしみ始めます。



削って型取りをし、出来上がってきたものをとめる治療。
麻酔が必要です!!
治療回数の目安は3回/1ヶ所
※インレー(詰め物)にしないといけません。


C3

虫歯が神経に達し、歯髄炎を起こした状態。
歯根膜に炎症が起き、歯根膜炎になることも。
いずれも、激痛を伴うことが多くなります。



麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を取り除きます。
治療回数の目安は7回/1ヶ所
※クラウン(被せ物)にしないといけません。


C4

神経が死んでしまった状態。痛みは軽減しますが、虫歯菌が血管を通り心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。
歯周炎という状態になると再び激痛にかわる場合もあります。



多くの場合抜歯することになります。

上記の表は各々の治療をわかりやすく比較したものです。あくまでも目安だと思ってください。患者さんごとに状況は違います。

イルニード歯科に初めてお越しのかたはこちら

新着情報