歯周病についてのQ&A

歯周病についてのQ&A

よくある、歯周病のお悩みや疑問をまとめました。

Q.歯周病が悪くなると、体の健康にも悪影響だと聞いたのですが、なぜですか?
A.
歯周病は慢性疾患ですので、歯周病菌は絶えず歯ぐきの血管を通過して全身をめぐっています。体内に入った細菌は体の中で血栓を作るなどして心疾患や脳梗塞の原因を作ったり、血液をドロドロにして高血圧を引き起こしたり、糖尿病を発症・悪化させたりと、様々な病気にかかわっていると最近は言われております。
つまり、お口だけの問題ではないといえます。

Q.歯周病といわれましたが、痛みもないし、歯ぐき出血もありません。
A.
初期段階のの歯周病の場合、ふだんは出血がなく、歯科医院にたまたま来院して病気が分かる場合があります。また、喫煙する方は、歯ぐきが貧血状態になっているので、出血しづらい状態にあることが多いです。
Q.ちゃんと歯磨きしてるのに歯周病と言われました。
A.
どんな方でも100%磨けるわけではありません。磨き残された歯垢(プラーク)が悪性化し、部分的に歯周病になる方がいます。また、歯間ブラシ、フロス等も毎日使用されたほうがいいでしょう。
Q.まだ若いのに歯周病と言われました。
A.
歯周病は年齢に関係なく、感染により起こります。若年性歯周病では10代で歯を失うこともあります。
Q.歯ぐきから血も出ないし、歯ぐきの色もピンク色だから大丈夫?
A.
歯ぐきが貧血状態にある方の中には、出血せずに歯ぐきもピンク色のままの方もいます。自己判断せずに一度歯科医院で検査ましょう。
Q.痛い治療が苦手なのですが…
A.
当医院は、極力診療中のストレスを軽減するための努力しております。また、歯医者の何が怖いか、苦手かをしっかりカウセリングさせてもらいますので、気楽にご相談ください。
Q.歯石とりの機械が苦手です。
A.
負担を軽減する配慮をさせていただきますので、事前にお知らせください。
Q.がんばって歯を磨けば歯周病は治るの?
A.歯周病治療の基本は歯みがきと歯石とりです。歯みがきだけでなく、歯石とりを組み合わせることで歯周病は改善されます。
Q.何回通院すればいいの?
A.
基本治療における「歯石とり」は2~6回の通院ですが、歯周病治療はムシ歯治療と違い、あと何回で終わりというのはありません。歯周病の重症度をみる歯ぐき検査や、歯ぐきの出血がなくなってからは、再発防止のために定期健診やメインテナンスに通っていただくことが重要です。
Q.どこから来院される方が多いですか?
A.
一之江付近の方が多いですが、そのほかに、一之江駅前イルニード歯科で歯周病治療を受けに来院される方は、瑞江や松江などや船堀、春江町からの患者さんも多いです。なるべく抜かない歯医者さんをもとめて、千葉(本八幡、市川)や小岩、葛西からも来院される方もいらっしゃいます。

イルニード歯科に初めてお越しのかたはこちら

新着情報