審美精密補綴(セラミック治療)の特徴

イルニード歯科の審美精密補綴(セラミック治療)とは

審美・精密補綴とは?

イルニード歯科の審美精密補綴(セラミック治療)は審美性(自然な色や形)と精密性(長持ち)の両方を兼ね揃えております。

補綴(物)とは、虫歯などで削った歯の一部分を補うために作成された、歯の形をした人工物のことをいいます。ここでは、セラミックのクラウン(被せ物)やインレー(詰め物)のことをいいます。
審美精密補綴
※二次虫歯になっている症例についてはこちら

審美性がいいとは

歯の色調を患者さんのご要望で自由に変えられます
つまり天然の歯に近く自然にできます。

当医院でお願いしている、セラミック専門技工士さんが作成したオーダーメイドセラミッククラウン

当医院でお願いしているセラミック専門技工士さんが作成したオーダーメイドセラミッククラウン

精密性がいいとは

適合がいいので二次虫歯になりづらいです。
つまり再治療のリスクを減らせます。

※銀歯の縁から二次虫歯になっている症例についてはこちら

HP プレゼン3

イルニード歯科の審美精密補綴(セラミック治療)5つのこだわり

1、審美性を追及するこだわり。
  • セラミック専門の技工士がセラミック補綴物を作成します。

_DSC1153セラミックのスペシャリストの技工士さん直接きて、患者さんと担当医とディスカッションするので、患者さんの要望に沿った、形、色、歯並びを完全にオーダーメイドで作成します。

2、精密性(長持ち)を追求するこだわり。
  • 拡大鏡の使用

D4Y_0878

拡大鏡を使用し、時間と手間をかけることにより、虫歯を完全除去し、セラミックが適合しやすいように細部までこだわ歯の形を整えるため、適合のよいセラミックの補綴物が完成します。

※詳細は精密治療を行うためのワンランク上の取り組みをご覧ください。

 
  • 使用する材料のこだわり

使用する材料にこだわりをもって使用してます。

型どりの仕方、材料、接着材すべてこだわりの材料を使用し精密性を高めております。

○シリコーン印象材を用います。
精密性の高いぴったりのセラミックがはいる、かたどりの材料で非常に細部まで型が正確に取れる材料です。当医院のセラミック治療では必ず精密度の高い変形しないシリコーン印象材を使用します。
HP プレゼン

○レジン性接着剤を用います。
長期的に劣化しずらく、虫歯の再発を現象させる、通常の接着材よりも長期的に劣化しずらく、削った歯質とセラミックを強力に接着するこだわりの接着材を使用します。

3、耐久性を追求するこだわり
  • ファイバーコアを使用

差し歯の場合は、しなりのあるファイバーの土台をいれ耐久性を高めております。
※歯根破折予防に非常に効果があります。
セラミックの被せ物には必ず、しなりがああるため長持ちし、透明感のあるファイバーコアを用います。
プレゼンテーション1
※金属のコアはイルニード歯科では使用しません。

4、セラミックに対するこだわり。
  • 様々なセラミックを提案

近年、さまざまな種類のセラミックの材質が開発されており、それぞれ特性があります。イルニード歯科ではほとんどの種類のセラミックに対応することができます。患者さんの状況にあわせてご提案するようにしております。

オールセラミックス(e-maxプレス)

metal01圧縮し割れずずらくしたセラミックのブロックを、3Dの光学カメラで撮影し、コンピュータで設計します。それをCAD/CAM(コンピュータ上で設計したものをそのままの形を削り出す)システムで歯の形にします。その上で、セラミックス専門の技工士さんが精度の高い調整や色付けをして作られます。
適応:ブリッジのケース等には不向きです。しかし、透明感があり見た目は非常にいいです。一番使用頻度が高いオールセラミックスです。

ジルコニアボンド

metal02内面はジルコニアというすごく硬いダイアのようなセラミックで、見えるところ(外面)は築盛のセラミックです。2層構造になっております。
適応:ブリッジや奥歯にも適しております。症例によっては前歯奥歯にもオールマイティーに使えます。

メタルセラミックス

shinbi_03昔からあるセラミッククラウンです。内面が金属で外面が築盛したセラミックです。
アレルギーがほとんどでない人工関節等で用いられるコバルトクロムという金属または、最高級のゴールドの合金(約20k)を使用しています。どちらの金属も錆びずらく、金属アレルギーの心配もほとんどありません。
一般的によく用いられる銀歯の銀合金とは全く違いますのでご安心ください。

適応:オールマイティーに使用できますが、少しオールセラミックに比べると透明感がありません。前歯には近年は用いません。

オールジルコニア

_DSC9551全てジルコニアという、硬いダイアのようなセラミックでできています。一番硬くて丈夫です。
適応:一番丈夫ですが、見た目の自然感がですらいため、奥歯で咬む力が強い人のみの適応となります。

5、患者さんの不安を解消するこだわり
  • 豊富な症例に対応

担当医はセラミックの治療を多数こなしているため、患者さんのご要望やポイントを熟知しております。また、似たような症例を写真でお見せできるため、患者さんの術後のイメージを共有することが簡単にできます。

※イルニード歯科のセラミックの症例集はこちらになります。

  • 幅広い価格帯

フルオーダーメイドセラミックのような、審美性を追求した、セラミック治療から、エコノミーに作成したセラミックまで幅広くラインアップしております。
セラミックのクラウンは5万円~(税別)から提供しております。

※セラミック治療の料金表はこちらになります。

  • カウセリング重視の治療の進め方

医療・エステイメージセラミック治療を開始する前に、ご要望やお悩みをしっかりヒヤリングさせていただきます。その後、治療計画を立案し、納得されてから治療を開始します。時には、カウセリングの時間は数回とることになります。
また、治療開始前に必ず、見積書をだしますので、費用に関しても納得されてから治療開始していただきます。

 

オススメのイルニード歯科のオーダーメイドセラミック治療は見た目と長持ちを両方兼ね揃えたセラミック治療です。詳細はオーダーメイドセラミック治療の流れを参照ください。

セラミックについて

セラミックとは

D4S_5986セラミックという材質は、陶器(お皿)などの材料の仲間で、歯科用のセラミックはより強度をもたせるように加工してあります。変色せず、生体に安全である長持ちすることから、人体の一部の歯として体内に何十年もいれることになる補綴物の材料としては、最善の材質といえます。
特に近年は、セラミックの技術向上がすすみ、非常に自然でわれずらいセラミックがでています。

オールセラミックの利点

  • 透明感があり、ほとんど変色しない

従来のプラスチックの白い材料は水を吸収するので、どうしても時間がたつと変色してしまいます。水を吸収するということは、ばい菌(虫歯菌、歯周病菌など)も吸収するので、ばい菌をためこむことになり、虫歯の再発、口臭の原因になります。
セラミックはそのようなことはありません。

  • 汚れ(プラーク)が付きにくい

カレーを食べたお皿は、台所で洗うともとの白いお皿になるのと同じでセラミックは非常にツルツルしているため、着色物や汚れがつきずらいです。仮についても、しっかり落とせばすべてきれいに落ちます。

  • 生体にとって安全性が高い

金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性ありません。
何十年もお口の中にはいってた状態でも、材質的に変化しずらいので、生体に安全な材料といえます。
銀歯は時間がたつと、さびたりしてしまいますが、その心配がありません。
○詳細は「金属アレルギーについて」をみてください。

  • 虫歯の再発がしずらい

精度がよく、接着材との相性もいいため、虫歯の再発がしずらいです。
長持ち治療の観点からいうと最大の利点かとおもいます。
※銀歯の縁から二次虫歯になっている症例についてはこちら

  • 審美性に優れている。

今まで自分の歯が黄色や灰色だったので、被せる時はきれいな歯の色にしたい、このようの要望にも応えられるのがオールセラミッククラウンです。周りの歯の色に合わせたい、周りの歯の色より少し白くしたいなど、色を自由に選択することができます。
金属を含む補綴物ですと、時間がたつと、歯茎の際が黒ずんできますが、その心配もセラミックにはありません。

オールセラミックの欠点

×保険診療がきかなく、自由診療になる。
×割れることがある。
(近年はかなり割れずらい材質もありすので、あまり欠点にはならないかもしれません)

Q&A

  • セラミック治療に関してよくある質問
    • Qセラミック治療に興味があるのですが、なかな決心がつきません?
      A:初めての方は、みなさん気にされます。一度無料相談にいらしていただいたらどうでしょうか?具体的な治療方法を知ること、実際のオールセラミックのデモ用の模型をみて、触ると、非常に光沢があり自然だということがわかります。(はじめての方はびっくりされます)自分と近い症例の写真も閲覧可能ですので、イメージがつきやすいと思います。見積書もだします。実際お口の中をみてみないと正確な費用の話はできませんので。一度ご検討ください。

      Q歯科医院によってセラミックの価格が違うのはなぜですか?
      A:自由診療の価格は各医院の独自の基準で設定しています。患者さんがよく担当医から説明を受け納得して治療を受けられるのがベストかともいます。
      価格を決める要素はたくさんありますが、材質、材料の違いはもちろん、かける手間の違いも大きいと思います。
      イルニード歯科のフルオーダーメイドで作成するセラミックは、すべての工程に手間をかけることはもちろん、、色、形等はセラミックのスペシャリストが直接患者さんのお口をみて、ディスカッションをし作成することになります。また気に入らない場合は変更も可能です。都内の中心部でここまでの治療を受けるとなると値段は高いランクのもになるでしょう。

      オールセラミッククラウンの相場はこちらです。

      またセラミックを入れたい、コストは抑えたいという場合は、エコノミーセラミッククラウン(5万円)もあります。他のセラミック治療よりは手間をカットしている部分はありますが、選択の幅は広がるかともいます。

      オーダーメイドセラミック治療の流れを参照ください。

      ※セラミック治療の料金表はこちらになります。

      Q歯が黄ばんで汚いので天然の歯を削ってセラミックにし、きれいにしたいのですが?
      状況によりますが、辞めたほうがいい場合もあります。セラミック治療は歯を削る治療であるため、イルニード歯科の診療理念(なるべく削らない)とは相反しています。ご自身のもたれている健康な歯が一番ですので、削らない(セラミック治療以外)選択肢をまずご提示することもあります。その歯が長持ちする(健康な状態で長く咬める)ことを一番に考えて治療説明をするようにしております。虫歯の場合は削りざるをえませんが、歯の黄ばみはクリーニング、ホワイトニング等で本来の歯の白さを回復すればきれいになる可能性も十分にあります。
      「審美歯科」イルニード歯科メニュー一覧
      ○歯を白くしたい→歯をきれいにしたい
      ○審美歯科(セラミック治療)→セラミック治療について
      ○ホワイトニング→ホワイトニングについて
      ○歯肉をピンク色にしたい→ガムピーリングについて

      Qセラミック治療を受けにどこから来院される方がおおいですか?
      一之江駅付近がおおいですが、イルニード歯科で審美歯科やセラミック治療を受けにこられる方は、瑞江や船堀周辺からこられる方が次に多いです。また市川や本八幡、その他の江戸川区のエリア(新小岩、葛西、松江、春江町あたり)からも来院されおります。完全オーダーメイドでオールセラミック治療を求めてこられる方がおおいようです。

新着情報