歯並びの重要性について

歯並びの重要性

近年、日本でも歯並びの重要性が欧米諸国と同じように高まりつつあります。
現在はグローバル社会です、今後も歯並びの重要性は他の国と同様の価値観に近づきいていくでしょう。
日本人の八重歯はかわいい、出っ歯はかわいいという概念は今後も続くでしょうか?
また、歯並びは、口の中の問題だけではなく、お体全体の問題にもつながる可能性があります。

歯並びを良くすると、いいことがたくさんあります。

コンプレックスの解消

woman smile矯正治療の最大のメリットは、何と言っても笑顔に自信が持てることではないでしょうか。
これまでは、口元を押さえて笑っていた方も思いっきり笑うことができるうえ、
コンプレックスから開放されたことで「矯正前よりも積極的になれた!」という方が多くいらっしゃいます。

顔立ちの印象の変化

04_05_e-line02口元は、お顔の3分の1以上を占めています。「人は見た目が8割」などと言われますが、その中でも歯や口元は顔の印象を決める上での大きな要素のうちのひとつです。そのため矯正治療は結果としてお顔の印象に変化を与えてくれます。
「口元が出ている」、「笑った時の歯ぐきが気になる」といったお顔に関わる問題を気にして相談に来られる方も少なくありません。口元の問題を解決するためには前歯を奥に動かしたり、歯ぐきの問題の解決には前歯を上に持ち上げたりします。きれいな歯の並びだけでなく、ひとつひとつの歯の位置をきちんとコントロールすることで、見た目を変化させることができます。また、歯だけでなく、口の周りの筋肉のトレーニングを行うことも問題解決につながります。

全身スッキリ

青空に向かって手を広げる一人の女性矯正治療を行うことで、口元や顔全体がスッキリと見えるだけでなく、顎がずれていることで歪んでいた背骨など、全体的な体の歪みも自然と整ってきます。

歯のトラブル防止

039歯並びが悪いことで歯ブラシが届かない部位が多く存在していましたが、矯正治療を行うことでそれがなくなり、隅々までブラッシングできるので虫歯や歯周病の予防にも繋がります。また、矯正治療中は、歯ブラシの指導も徹底して行われますので、正しい歯ブラシの習慣が身につきます。
また、かみ合わせが悪いと、歯が長持ちしません。咬む力はご自身の体重と同じ位の力を発揮します。
かみ合わせが良ければ、その咬む力を28本全ての歯で支えることが出来ますが、かみ合わせが悪いと、ある特定の歯だけで支えることになるため、支えきれなくなった歯から、グラグラしてきたり調子が悪くなってきたりします。

消化不良の改善

gatag-00005060一口に歯と言っても、場所により役割があります。
簡単に説明すると、前歯は包丁と同じように食べ物を小さく切り分け、奥歯は食べ物をすりつぶし、胃や腸で消化をしやすくするといった役割です。
ところが、歯並びが悪いと、この役割を十分に果たすことが出来ないため、消化不良となり胃腸に負担がかかりやすくなります。歯並びを改善することで、それぞれの役割を果たし、よく咬んでしっかり消化する事が可能となります。

発音の改善

01_18gakuhen_jyougaku02歯と歯の間にすき間が開いていたり、歯並びが悪くうまく舌を動かせないと、話すときに息がもれたり舌がもつれたりし、発音が不明瞭になったり、舌足らずなしゃべり方になります。
歯並びを改善することと、治療中に舌の位置や癖を改善することで発音を改善する事が出来ます。

顎関節症の予防

Fotolia_37300749_S不適切なかみ合わせやこれに伴う顎の動きは、顎の関節に負担をかけるので、このような状態が長く続くと場合によっては顎関節症の原因となることがあります。かみ合わせの改善を早期に行う事で、顎関節症の予防につながります。

口呼吸の改善

典型的な出っ歯で口呼吸顔

典型的な出っ歯で口呼吸顔

出っ歯等で歯が邪魔でお口が閉じれず、口呼吸になっている方がいます。人間は本来お鼻で呼吸するものです。
口呼吸は体に非常に悪いといわれております。長い人生で24時間、365日口呼吸していれば、体の問題がでてくるでしょう。
歯が邪魔で口が閉じれず、口が空いてしまう方は、要注意ですが、自分ではわからない場合が多いです。
もし、自分が口呼吸しているか気になるようであれば、お気軽に御相談ください。すぐ診断できます。

 

イルニード歯科の成人(大人)矯正歯科治療の特徴はこちら
成人(大人)矯正歯科治療の流れと採用システムについて
マウスピース型矯正装置を使用する治療の治療期間と治療費はこちら
歯並びの重要性についてはこちら

イルニード歯科に初めてお越しのかたはこちら

新着情報