h1タイトル

入れ歯治療

当院の入れ歯治療

当院の入れ歯治療

イルニード歯科の入れ歯治療は、患者さんのご要望、不満を十分にカウセリングしオーーダーメイドで入れ歯を作成しますので、快適さが違います。

入れ歯の問題点を念入りにカウセリングします。

入れ歯のお悩みは様々です。どこが一番ご不満をお持ちか、また何が問題点なのか、明確に抽出します。

現在の入れ歯を
お持ちの方。

現在のいればの問題点、ご不満を十分にヒヤリングします。

初めて入れ歯をする方

現在おもちの、入れ歯のイメージをヒヤリングし、どのような治療なのか、十分に説明いたします。

患者さんのご要望を
尊重します。

「なるべく大きな入れ歯にしたくない」「今の入れ歯を修理してください」等のお悩みも尊重し、治療計画をたてるように心がけております。

最新のオーダーメイド
精密義歯の提案ができます。

原則は、保険適応の入れ歯も選択肢にいれていただき、保険の範囲内で行えるようであれば、保険診療での入れ歯作成、調整を行います。もし、それでも、ご要望、ご不満が残るようであれば、オーダーメイド精密義歯(入れ歯)の作成を提案します。

現在はさまざまな入れ歯の種類があります。通常の入れ歯よりも違和感が少ない入れ歯、よく噛める入れ歯、見た目のよい入れ歯のご提案もできますので、ご相談ください。

下記のようなお悩みは
ありませんか?

多種多様です。入れ歯の不自由さでお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。自分だけではありません。一人で悩まず、是非ご相談ください。

オーダーメイド
精密義歯(入れ歯)

入れ歯について

保険診療範囲内の入れ歯がどうしてもあわない方には、その方に最適と思われる、入れ歯の設計、素材、種類をつかい、作成した完全オーダーメイドの入れ歯です。自由診療であるため自由に作成できますので。コストと時間はかかりますが、今の入れ歯より快適に過ごせます。

オーダーメイド精密入れ歯の特徴

お悩みをダイレクトに解決する
入れ歯を作成

保険診療の入れ歯と違い、問題点をダイレクトに解決できる入れ歯が作成できます。例えば、入れ歯の針金が気になる(銀色なの笑うと見えるのが嫌だ)というお悩みには、針金なしの入れ歯も作成可能です。

使う材料はすべてこだわりの材料

型を取る材料から、使用する材料、金属すべて、オーダーメイドで選び、保険診療で使用する材料より、性能がいいものを使用することができます。

入れ歯専門の
技工士さんが
入れ歯を作成

「入れ歯作成」に特化した技工士さん(入れ歯を作る職人)があなたの入れ歯の作成にあたります。

予算に応じて対応

オーダーメイドに作成するため、予算に応じた対応ができます。

オーバーデンチャーを行うことができます。

インプラント治療と入れ歯を複合した人工の歯をいれることが可能です。非常に好評でコストも抑えられます。入れ歯とインプラントのいいとこどりをしたイメージです。ご興味がある方はお気軽にご相談ください。たくさんは歯を失ってしまった方に特に有効です。

また、インプラント治療は、専門医が手術を担当しますので、安心してインプラント治療が受けられます。

オーダーメイド精密義歯(入れ歯)治療の流れ

1.ご要望、ご不満をカウセリング

カウンセリング

まず、第一に問題点のヒヤリングをさせていただきます。

入れ歯をすでにしている方

現時点の入れ歯の何が不満か徹底的にヒヤリングします。

はじめて入れ歯をする方

まずは入れ歯のイメージをお聞きします。

保険適応の入れ歯も選択肢にいれていただき、保険の範囲内で行えるようであれば、保険診療での入れ歯作成、調整を行います。もし、それでも、ご要望、ご不満が残るようであれば、オーダーメイド精密義歯(入れ歯)の作成を提案します。

2.入れ歯作成の
ためのヒアリング

ヒアリング

さまざまな入れ歯をご用意しています。入れ歯の種類の説明と患者様に最適な入れ歯の種類、費用の説明をしどのように入れ歯を作成するか、打ち合わせをしていきます。

オーダーメイド精密義歯を
作成するためのチェックポイント

3.提案、見積書

入れ歯の提案

ヒアリングをもとに、約1週間後に最善と思われるオーダーメイド精密義歯(入れ歯)の設計書を作成いたします。このとき見積書もご提示させていただきます。提案を見ていただき、変更したい点等をヒヤリングしていき、イメージを固めていき最終提案をさせていただきます。

4.治療開始

治療開始

設計と見積もりにご納得していただいたら、契約していただき、入れ歯作成にとりかかります。オーダーメイドの入れ歯は、最短でも1ヶ月、平均して2ヶ月前後かかると考えてください。

費用はまちまちですが、目安としては下記の形となります。

部分入れ歯(欠損歯が4歯以内)10万円~30万円
部分入れ歯(欠損歯が4歯以上)20万円~40万円
総入れ歯30万円から60万円

オーダーメイド入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー(入れ歯)

見た目を自然にしたい、金具をつけたくない。

ノンクラスプデンチャー

一般的な入れ歯では金属のバネが見えてしまうため、笑っているして時に入れ歯を入れていることが相手に知られることになってしまいます。

ノンクラスプデンチゃーは、金属のバネを使用していないため入れ歯を入れていることが分かりづらくできます。

金属のバネ(クラスプ)がない(ノン)入れ歯です。金属のバネが見えるのが嫌な方、もっとぴったりと密着した入れ歯を望まれる方、よく入れ歯が壊れて困っている方等にお勧めしています。

テレスコープデンチャー、オーバーデンチャー

見た目を自然にたい、よくかめて違和感を少なくしたいまだ天然の歯が残っているかたにおすすめ

テレスコープ
デンチャー

テレスコープデンチャー

テレスコープ義歯とは、残っている歯に金属冠をかぶせ、その上から入れ歯を装着するというタイプの入れ歯です。

ものを噛む能力が高く、金属のバネが必要ないため見た目も良いのが特徴的です。技術的に製作が難しいため、この入れ歯を提供している歯科医院は多くありません。

アタッチメント
デンチャー

アタッチメントデンチャー

磁石の力を利用して入れ歯を固定させます。上記の入れ歯は、見た目がよく、違和感すくなく、取り外しが簡単で割とよくかめます。お掃除も簡単ですので、症例は限られますが、ご提案可能であればさせていただきます。

金属床の入れ歯

割れずらい、違和感が少ない
金属の入れ歯の方に
おすすめ

金属床

保険の入れ歯に使用されている素材はプラスチックですので、使用していると擦り減ってしまったり、割れてしまうことが多々あります。また、プラスチックだとどうしても厚くなる関係で重くなり、お口の中に入れ歯を入れると異物感を感じる方が多いようです。

素材の重要性

素材の重要性

これからご紹介する「チタン」、「コバルトクロム」「貴金属」という素材を用いた金属床(金属の入れ歯)は、プラスチックの入れ歯とは異なり、薄くて頑丈な構造にすることが可能なため、長期間使用することができる入れ歯と言っても過言ではありません。チタンが一番軽くて薄いといえます。

インプラントを何本かいれ、そこに入れ歯をのせます。

当院の入れ歯治療

すべての歯を失った場合に顎の骨に2本~6本のインプラント(本数はお口の状態によって異なる)を埋め込み、取り外し式の総入れ歯をつけます。通常の総入れ歯であれば、粘膜(歯茎)だけで支えることになりますので、食事中にずれたり、食べ物が挟まったりして、痛みや食べづらさなどの問題が起こりやすくなります。

入れ歯とインプラントのいいとこどりをしたものです。おすすめです。コストも抑えられます。たくさん歯を失ってしまった方、インプラントをたくさん埋める予算のない方、骨量がなくインプラント治療をあきらめていた方も、行える可能性があります。お話だけでも聞く価値があるかもしれません。

インプラントを使ったオーバーデンチャーは、埋め入れたインプラントの上に、連結するためのパーツを接続し、それにピッタリと合う総入れ歯を装着させます。インプラントに総入れ歯がしっかりと固定されますので、通常の総入れ歯に起こりがちな問題が解消され、よく噛んで食べられるようになります。取り外し可能です。

インプラントを何本かいれた部分入れ歯も可能です。入れ歯が動いてします、すぐ外れてしますかたにおすすめ

5.グリップデンチャー

入れ歯が外れてしまう、
うまくかめない、動いてしますか方におすすめ

特殊な技術を使い、不純物を取り除いた安心安全な素材で作った入れ歯です、完全メイドインジャパンの入れ歯です。

特殊加工で究極にピッタリして外れにくい、入れ歯に仕上げます。上記はあくまでも、オーダーメイドの入れ歯の種類の一部です。詳細は担当医にお尋ねください。※オーダーメイドの入れ歯は型を取る材料から、細部に渡る手間ひまもまったく違います。作成工程も長期にわたり精密に手作りで作製していきます。作成する技工士(入れ歯を作る職人)さんも違います。また、入れ歯の人工歯の部分も何種類も選ぶことができます。より自分のお顔にあった、お好みの歯の形を選ぶこともできます。

ご予約は、お電話でお願いします。お電話で、「オーダーメイド精密義歯治療に興味がある」とお話頂けると幸いです。

診療科目診療科目
歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
閉じる
診療科目診療科目
インプラント治療・小児矯正対応医院
(歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科)
閉じる