長持ち治療の提案

長持ち治療の提案

精密な治療を
行うための取り組み

精密な治療

当院の取り組み

精密な治療を行うことで、その歯をより長持ちさせることができます。

イルニード歯科は長持ち治療を提案できるよう様々な取り組みをしております。

肉眼ではみえない、
数十μm以下まで
みつめた治療

マイクロスコープを使用した治療

マイクロスコープを
使用した
治療

歯科マイクロスコープは歯科顕微鏡と呼ばれ、肉眼の20倍程度にまで拡大して患部を見ることができます。お口の中は暗く、歯は小さい組織ですので、肉眼のみに頼った治療には限界がありますが、このマイクロスコープを使用することで、より精密に治療することが可能となります。

イルニード歯科で使用しているマイクロスコープは、世界的にも有名なマイクロスコープ生産会社である『カールツァイス社製』のマイクロスコープです。
肉眼の20倍以上の倍率で拡大可能で、拡大画面を静止画、動画で保存できる優れもので、患者様に治療後に比較写真、治療動画をお見せすることも可能です。

拡大鏡を使用した治療

拡大鏡を使用した治療

人間の裸眼が認識できるのは200μm(0.02mm)が限界ですが、精密な歯科治療を行うには、数十μm以下が見えている必要があります。そのためには拡大鏡の活用は不可欠であります。

肉眼では見えなかった歯の微細な凹凸、隠れた根管、補綴物と歯肉の間の隙間などが確認でき、削る量も最低限に抑えることができます。拡大鏡の使用により、診断の正確さが高まり、より安全な治療方法やアプローチが可能になります。

現在、日本の拡大鏡やマイクロスコープの普及率は約5%といわれております。先進国と比べると普及率は日本は高くないのが現状です。イルニード歯科ではワンランク上の取り組みとして、保険診療、自由診療に関係なく、拡大鏡を使用し、治療を行っております

※状況に合わせて使用しており、必要ない処置等では使用していないことがあります。

よくみえる
メリット

細部まで診査診断ができる、診査,診断の精度があがる

虫歯治療の削る量を減らすことができる可能性がある

隙間を少なくつめられるので虫歯の再発を軽減できる

かぶせ物、詰め物の隙間やみえずらい場所も確認できるため、虫歯の再発を早期に発見できる可能性がある

根管の治療の精度があがるため、予後がよく抜歯になる可能性を減らせる

つまり、よくみえることは、イルニード歯科の理念の長持ち治療につながります。

治療の成果を
最大限に引き出す
ラバーダム防湿

治療の成果を最大限に引き出すラバーダム防湿

ラバーダム防湿法とは、治療する歯のみをゴムのシートで隔離し、唾液や浸出液などの細菌が入らない、器具の誤飲などを防ぐために行う治療方法です。
お口の中には多くの細菌が繁殖し浮遊しています。もちろん唾液の中にも多くの細菌がいます。唾液や浸出液が、根の治療中に根の中に侵入してしまうと感染を広げて治療の治りを悪くしてしまいます。根の治療を無菌処置で行うために必要な治療方法がラバーダム防湿法です。

ラバーダム防湿の使用

アメリカの歯科治療ではラバーダム防湿の使用が一般的ですが、日本の歯科治療の現場におけるラバーダム防湿の施術率は低く、一般歯科医にいたっては約5%の装着率であったとの報告があります。
また、子供の虫歯治療にもラバーダム防湿法を行います。子供は唾液が多く虫歯治療や根の治療中に唾液が入らないようにし、器具の誤飲を防ぎます。

つまり、やりなおしの治療(虫歯の再発や歯が再度膿む)確立をさげる、長持ち精密治療になります。イルニード総合歯科グループでは、必要に応じて、ラバーダム防湿を行うことを心がけております。

ラバーダム防湿の利点

唾液による細菌感染を防止できる。

治療部位のみをしっかりと消毒することができる。

唇、頬、舌に治療器具が当たって損傷するのを防ぐことができる。

口の中に薬液が漏れたり、治療器具が落下するのを防ぐ。

削る時の水が口の奥へ溜まらないので、苦しくない。

ラバーダム防湿の欠点

治療中ずっと口を開いているため、顎が疲れ、口が乾きやすい。

唾がたまり、飲み込むのが少し困難。

歯が締めつけられるため、痛い場合がある。

長持ちする、
オールセラミック治療

虫歯、歯周病にならないようにすることが一番

オールセラミック治療

しかし、残念ながら虫歯になってしまった場合、できるだけ、精度の高い治療を行い、虫歯の再発を予防しないといけません。

近年では、精度の高い治療だけではなく、精度の高い人工材料も開発されており、技術の進歩により従来の銀歯よりも、見た目がよく、長持ちする人工の歯(被せ物や詰め物)を入れることも可能です。虫歯で削った歯を、審美精密補綴(オールセラミック治療)で歯を修復することは、より長持ちする可能性がより高くなります。

診療科目診療科目
歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科
閉じる
診療科目診療科目
インプラント治療・小児矯正対応医院
(歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科)
閉じる